レザースマホケースの素材は高価なものが使われデザインも色も豊富です

スマホカバーの種類には大きく分けて二種類あります

最近ではスマホを所有する人が急増して、街中や電車内、バスの中等あらゆる場所でスマホを操作している人を見かけるのが当たり前になってきました。しかし、スマホ単体のみを持っている人はなかなかいないようで、ほとんどの人は何らかのカバーを装着してスマホを保護しているようです。人によってはアニメ等のキャラクターものであったり、落下防止のためのリングが付属しているカバーであったり、さらに色も人によって様々です。このスマホカバーの種類ですが大きく二種類に分けられるようです。一つはスマホの背面や角を保護するためのもので、もう一つは背面や角はもちろん、前面のディスプレイまでも保護してくれる、いわゆる手帳型タイプのものです。

レザーは高級なものが使われています

手帳型のスマホカバーにもいろいろあるようで、ナイロン製のものもありますし、レザーでできているものもあります。どちらかというと手帳型スマホの素材にはレザーの方が多いかも知れません。さらにレザーの種類も数種類あるようで最もポピュラーなものですと牛革ですが、それよりも高価なものになるとコードバンもあります。コードバンというのは農耕馬の尻の皮をなめしたものですが、皮の宝石とも言われるように、その光沢や艶はとても滑らかでしっとりとしており、高級感があります。レザースマホケースとしては最高の素材と言えるでしょう。色については黒や茶色の系統が多いようですが、中にはグレーや赤色等の製品もあるようです。他にレザースマホケースの素材として使われているのがクロコダイルではないでしょうか。

機能性抜群なデザインが施されています

コードバン以上に希少な素材で、値段も高価ではありますが、見た目にも高級感を演出してくれるでしょう。さて、レザースマホケースのデザインですが、手帳型のものが多いことから、前面のディスプレイを保護する蓋の部分の裏側に、キャッシュカードやクレジットカード等の電子マネーカードを入れる部分がデザインされたものが多く、機能的にも大変便利なデザインがなされているのが特徴と言えるでしょう。また、形状が四角形のため、使用している間にレザーの四隅が擦れたりするのは免れませんが、それを防止するために、擦れを防止するための金具が付いているものもありますし、ブランド品等であれば、蓋の一部にブランドのロゴが入れてあるものもあります。レザースマホケースは見た目も使用感も高級感を感じさせるものではありますが、水や雨には弱いという欠点もありますので、長持ちさせるためにはその手入れ方法についても知っておく必要があるでしょう。

ピックアップ記事一覧